今年もとっておきのコースで、ととん楽しみましょう。

            山笑(やまにこ)ブログを読んで書きましょう!

 

 

【重要なお知らせです】

1)みなさん、谷川岳のチラシを修正しました。「参加費」は往復のRW代込みとしました。したがって、純粋の参加費は4,000円です。そのつもりで、ご参加ください。参加、お待ちしています。

 

2)6月23日(木)実施の赤城山ハイキングは、もやもやした天気でしたが、わずか1名のキャンセルで実施することができました。参加して下さったみなさん、ありがとうございました。幹事をはじめスタッフ一同、感謝、感謝です。

 

【山笑(やまにこ)会の今後の企画】

上高岩山から大きな大岳山が目に入る。サルギ尾根から大岳山に登り、白岩分岐から鍾乳洞へ。月8日(金)


サルギ尾根から登ると楽しみも大きい。たまには大岳鍾乳洞もいいだろう。鍾乳洞から出て、外でビールでも楽しもう。大滝も涼しい。現在、募集中。


さあ、尾瀬ハイキングの順番だ。鳩待峠から入る。2日間かけて尾瀬を楽しみ尽くす。月20日(水)~21日(木)


森・沼・湿原、3つの自然と生態系を楽しむ。19日の夜、夜行バスで出発する。20日の夜は、見晴小屋に宿泊、夜も楽しもう。キャンセル待ちで受付中。


次の企画は、いよいよ谷川岳だ。日本の名峰にして百名山だ。RWでさっと上がろう。8月4日(木)が待ち遠しい。


RWで上がり、RWで下るコースとした。トマの耳、オキの耳からの大展望を楽しもう。下ってからの温泉も楽しみだ。定員20名で現在、募集中



新しいお知らせ】

1)6月23日(木)実施の赤城山企画は、霧の中でしたが、山頂では晴れ間も出て、無事に終了しました。参加して下さったみなさんありがとうございました。報告はこちらからどうぞ。

 

2)8月25日(木)実施の棒ノ折山企画の参加者を募集しています。白谷沢を登り、清東橋に下ります。3年ぶりの企画に、ぜひご参加ください。現在、24名中17名です。

 

3)6月9日(木)実施の浅間嶺企画は幸い、雨にも降られず、クモキリソウのツボミも見つけ、無事に終了しました。参加して下さったみなさん、ありがとうございました。報告はこちらからどうぞ。

 

4)8月4日(月)実施の谷川岳企画の参加者を募集しています。定員は20名の予定です。現在16名です。

 

 

5)7月8日(金)実施(曜日に注意!)の「サルギ尾根経由の大岳山と大岳鍾乳洞企画」の参加者の募集は22名で(タクシー乗車の関係)締め切りました。以降、キャンセル待ちとなります。

 

6)7月20日(水)~21日(木)実施の尾瀬企画の定員は18名です。現在、キャンセル待ちです。

ダウンロード
2022年度山笑(やまにこ)会企画一覧表
2022年4月~2023年3月の山笑(やまにこ)会の企画一覧表です。4月1日に掲載しました。
2022_04_01山笑(やまにこ)会2022年企画案.pdf
PDFファイル 216.0 KB

山笑(やまにこ)ニュース


・6月28日(火)、まさかこんなに早く梅雨が明けるとは思わなかったですね。ただし、また梅雨のような天気になるのではないのでしょうか。外にいましたが、一緒にいた方が具合が悪く途中で切り上げました。

1)惣岳山から岩茸石山方面に下ると「険路」です。そこを下って分岐です。岩茸石山からここまで来ると、ここ2,3年は左に巻いていました。なだらかな道なのです。2)岩茸石山から棒ノ折山です。3)サワギクです、ときどき勉強しないと忘れます。


・6月30日(木)、今日は6月の最後の日なんですね。明日から7月です。1日から3日まで予定が入ってませんが、一日は山歩きの予定です。2日間は休養します。その後、4日から8日まで夏の試練です(笑)。昨日は帰宅後、疲れで更新できませんでした。今日は朝からパウロに行き、エンカレッジ(通信制)の理科研究の授業の応援でした。何とか無事に追われました。森を散歩しての樹木、山野草観察はやはりインパクトに欠けますね。よくぞ、8年前の測量を思い出したものだと思います。次の機会があれば、平板測量に挑戦しようと思っています。

1)咲き残っているムラサキシキブ、2)きれいに咲いているオカトラノオ、一時期、この花を玉切り材に何とかきれいに書きたいと腐心していました。3)オオバギボウシです。いつもパウロ学園の前に咲きます。


・7月1日(金)、今日から7月ですね。明日は浅間嶺に行って来ます。笹平バス停から市道山の登山道に入り、沢にかかる橋のチェックもしておきます。さて、7月8日(金)は大岳鍾乳洞からタクシーに乗る予定なのですが、予約で苦労しました。横川観光に電話をかけて、さんざん説明したあげく、週末で混んでいると駄目でした。結局、京王自動車に予約をしておきました。横川観光に電話をしたらコールセンターの方が、「稲葉様ですね」といわれたのには、びっくりでした。今熊山から呼んだのだそうです。今日の写真は、思い出して2019年の5月17日の「なかい」です。初めての「なかい」です。「ちわき」経営者の実家だとかいってました。

1)「なかい」の玄関です。コロナの前ですからね。2)座敷から庭を見ています。3)釜めし定食です。何釜めしだったか忘れました。